境界で隣人ともめたらどうする?完成した住宅に納得できないときどうする?

土地を購入したが境界がはっきりしないとき

注文住宅を建てようとするとき、土地を持っていないならまずは土地を購入する必要があります。新たに宅地開発されたところもあれば、元々住宅が建てられていた土地を購入するときもあるでしょう。購入をするときには登記にある情報などを元にし、その後工事を始めるかもしれません。しかしいざ工事を始めようとしたときに隣の土地の所有者と境界のトラブルが発生するときがあり、その時は弁護士に依頼をして境界確定をしてもらうと良いでしょう。土地の登記内容は正確のように感じますが、古いものだと正確性を欠くときがあり境界のトラブルが起きやすいとされています。話し合いで決着できないときもあり、自分に有利にしたいなら弁護士に相談する方がいいでしょう。

納得のいかない住宅工事が行われたとき

注文住宅を建てるときは注文者と建築業者が事前に話し合いをします。建築の素人の注文者が希望を伝え、それをプロの建築業者が設計し実際に建築をしていきます。いろいろな段階で確認作業などを行うものの、素人とプロの間では食い違いが生じるときがあり、最終的に注文者が納得しがたい住宅になるケースもあるようです。話し合いで補修などをしてもらえればいいですがそれが難しいのであれば弁護士に相談するといいでしょう。注文住宅のトラブルにおいてはまず仲裁センターの利用がありそちらに申し立ててもらいます。すると仲裁者として依頼をした業者と別の建築のプロなどが仲裁人として両者の話を聞いてくれます。弁護士は早期に依頼者の希望通り解決するよう動いてくれるでしょう。

ミカタは弁護士に支払う費用を補償する保険ですから、いざという場合に備えることができます。トラブルが発生した時には、とても頼りになります。