意外と知らない?イラストの描き方やイラストレーターになる方法

イラストが上達するコツはデッサンにある

人間や動物、風景など、イラストはどんな紙にでも描けて、どんな風に描いても自由です。しかしイラストにリアリティを持たせ、キャラクターに躍動感のある動きをつけるためには、デッサンをする必要があります。窓の外の景色や人の姿をデッサンし続けることで、手が自然と覚えていきます。そうするとイラストにもリアルな絵が表現されていきます。デッサンを怠ると、不自然な動きになったり薄っぺらなキャラクターになってしまうので、まず基礎から勉強していきましょう。

イラストと言っても様々な種類がある

イラストと言っても様々な種類があり、あらゆるところで使われています。ライトノベルなどに描かれているアニメ調のイラストや、絵本や小説の挿絵に使われる幻想的なイラスト、ファッションアイテムに使われるデザイン性の高いイラストなど、どのような媒体に使用されるかでイラストの雰囲気は変わります。イラストについて専門的な勉強がしたいなら、美術系の大学や専門学校で学ぶことをお勧めします。また、最近では通信教育でもイラストが学べるので、自分に合った学び方を選びましょう。

イラストレーターとして活躍するには

本格的にイラストの仕事がしたいと思うなら、自分の絵を周囲に売り込む必要があります。イラストコンテストに積極的に応募してみるなどして実績を積むことが出来ればイラストの仕事も増えていくはずです。また、最近ではインターネット上で自分の絵を公開できるサイトもあるので、そのようなところに登録してWebで発信していくのも良いでしょう。

イラスト講座は趣味としてだけでなく、ビジネスとしても活用が出来る講座です。ウェブサイトに使うイラストやフリー素材として使うイラストなど幅広いシーンでイラストはニーズがあります。