最近、次から次へとサービスが立ち上がってきたQRコード決済って?

○○ペイというサービスの多くがQRコード決済を採用

近年、決済代行手段として普及しつつあるのがQRコード決済です。「○○ペイ」というサービスが始まったというニュースをネットなどで見るようになったという印象を抱いている人は多いと思いますが、こうしたサービスの多くは実はQRコード決済なのです。では、QRコード決済にはどのような特徴があるのでしょうか。まず、ほとんどの場合、現金を事前にチャージして利用するシステムになっています。この点でプリペイド型電子マネーに近いといっていいでしょう。ただ、プリペイド型電子マネーと違い、カードを持ち歩く必要がなくスマホにインストールしたアプリが表示するQRコードをレジに提示すれば、店員がそれを読み取ることで決済が可能になっています。そのため、クレジットカードやキャッシュカードを財布に入れていて、もうこれ以上、カードを入れたくないという人にとってはありがたいといえるでしょう。

カードを持ち歩かなくてもよく、残高の確認が簡単

チャージしたお金がどれぐらい残っているのか、簡単に確認できるというのもQRコード決済の特徴です。カードを利用したプリペイド型電子マネーの場合、使いたくても今、いくら残高があるのかわからず、使うのを諦めて結局、現金で払うということがよくあります。カードを出して残高不足になったら恥ずかしいからです。しかし、QRコード決済であればアプリで残高をすぐに確認できるので、その残高に合わせた買い物が可能になっています。銀行口座と紐付けしていれば、残高が足りないと思ってもアプリを通じてすぐにチャージができるので、その点でも便利といえるでしょう。

決済代行会社は、クレジットカード会社などの金融機関と、ネットショップなどの店舗を仲介し、決済システムを提供する会社です。