事業資金の調達方法とその注意点について知っておこう

自分に合った調達方法を選択

事業を開始するためには、まとまった事業資金を調達する事が重要です。事務所の建設や経営資金、従業員の募集などさまざまな部分でお金が必要になります。そこで、事業資金を調達していきますが、複数の調達方法があります。まずは、自分が事業資金を長期間に渡って貯める事です。さらに、親族や知人から事業資金を融資してもらう方法もあります。この場合は、金利などが発生しないので借りやすく、返済しやすいのが特徴です。親がまとまったお金を所持している場合は、事業資金について相談するのが得策ですよね。

また、金融会社から融資を受ける事も可能です。消費者金融や銀行などお金を貸してくれる金融会社も多いです。特に銀行はまとまった事業資金を貸してくれる事もあります。

融資してもらう時の注意点

事業資金を融資してもらう時は、注意点がいくつかあるので把握します。例えば、親や知人に事業資金を援助してほしいと言っても、素直に「はい」と返事してくれない事も多いです。事業資金は金額が大きいので、いくら身近な存在でも、数百万円単位のお金を援助するのは簡単ではないです。そこで、援助してほしいとお願いするのではなくて、貸してほしいと伝えます。後で少しずつ返済していく事を約束すれば、お金を貸してくれる可能性は十分あります。

また、金融会社から融資してもらう時には、金利がどれぐらい必要になるのかを計算する必要があり、返済出来るように返済シュミレーションをして計画的にお金を借りる事が大事です。

2社間ファクタリングは、サービス申込者とサービス提供者のみで行われるので、迅速に入金される傾向があるのが魅力です。