老後に備える「個人型確定拠出年金」の概要

個人型確定拠出年金とは

個人型確定拠出年金とは、いわゆる「iDeCo」と呼ばれるものです。

国が定めた制度で、投資信託や預金、保険などさまざまな種類の商品が豊富にあります。自分自身のリスク許容度に合わせて、商品を組み合わせることができるのが魅力です。

また、運用益、所得税、住民税が非課税対象になります。

個人型確定拠出年金の気になる費用

どんなに良い制度でも、たくさんの資金が必要だとしたら、気軽には始められません。気になるのは、投資する金額はどれくらい必要だということではないでしょうか。

個人型確定拠出年金は、5000円から始めることができます。また加入者の職業などによって拠出できる金額は変わりますが、年間14万4000円~81万6000円と、投資限度額も決まっています。

ここで注意しておきたいのが、運用可能期間は60歳までで、原則60歳まで資金の引き出しが自由にできないという点です。個人型確定拠出年金を生かすのであれば、「年金」の特徴を抑え、老後の資金と割り切ることが重要です。

個人型確定拠出年金を始める前に留意しておきたい事項

個人型確定拠出年金において投資する投資信託は、主に国内外の株式や債券などを投資対象としています。投資信託の基準価格は、組み入れた株式や債券などの値動き、為替相場の変動などにより上下しますので、これにより投資元本を割り込む恐れがあります。

また投資信託は、個別の投資信託ごとに負担する手数料などの費用、リスクの内容や性質が異なります。投資にあたっては、商品概要や目論見書などをよく読みましょう。

他にも、個人型確定拠出年金の運営管理手数料以外に、国民年金基金連合会などへの手数料がかかります。

個人型確定拠出年金はローリスクで資産運用ができること、節税になるといったメリットから、老後の資金として選ばれることが多くなっています。