通学制の高校との違いは?レポート作成って難しい?

自己学習を中心に勉強を進めていく

小学校や中学校で勉強をするとき、勉強の中心は学校の授業かも知れません。先生が前に立って教科書に沿って話をしてくれます。分かりにくいところは詳しく説明してもらえるので、聞いているだけで内容が理解できるでしょう。授業中はじっと座って静かにしている必要はあるものの、それに耐えられれば楽に勉強ができると言えそうです。

全日制の高校も同様に授業が進められますが、通信制高校となるとかなり勉強方法が変わってきます。通常の勉強は自宅などで自分で教材を使って勉強をします。教材は読んだり課題をこなしたりすれば理解できるようになっているので、じっくり取り組む姿勢があればある程度は理解できます。決められた時間に勉強する必要はなく、自分の好きな時間に自由に勉強に取り組めるのがメリットです。

レポートを提出で先生とコミュニケーション

全日制高校であれば先生と面と向かってコミュニケーションを取れるでしょう。授業をホームルームなどでも話ができます。通信制高校でも一応担任の先生などがいて、いつでも相談事があれば連絡は可能です。ただ日常的に頻繁にコミュニケーションを取ったりはしません。勉強を進める上でのコミュニケーションはレポートの提出を通じてすることになるでしょう。各教科において一定範囲までを終えたら、その範囲に関するレポートを作成します。テスト形式もあるでしょうし論文形式など形式は様々です。それを学校に提出すると先生が採点をした上で返却してくれます。きちんとやり取りをしていれば授業を受けたとみなされて、単位取得に大きく前進できます。

通信制高校を埼玉で探す際は、全国展開している大きな学校や主要駅近くにある学校など様々な条件で探すことが可能です。