声優になりたい!専門学校に行くのが得策?

声優になるには何が必要?

声優になりたいという人にとってどのようにすれば仕事を手に入れられるのかは大きな問題です。基本的には声優はオーディションに応募して合格することで仕事を手に入れています。そして、アニメなどの声優を任され、優秀な人だという理解が業界で広まるとスカウトが来るようになります。特に自分が声優を担ったアニメがヒットすると有名声優として業界で名を知られるようになりやすく、様々な場面で仕事の依頼を受けられるようになるというのが一般的です。そのため、声優として仕事をしていけるようになるためにはオーディションに合格するための能力を身につけなければなりません。声優のオーディションでは声質や発声力、表現力やトーク力など様々な要素が見られているので総合的なトレーニングを積むことが必須です。

専門学校に通う魅力とは?

専門学校の中には声優の育成を専門としているものもあります。専門学校に通って声優を目指すメリットは基本的なトレーニングを積むことができることです。基本的とはいえ、本格的なトレーニングなので卒業する頃には一人前に働けるようにはなります。ただし、気をつけておきたいのはオーディションでは競争になるため、必ずしもすぐに仕事を手に入れられるとは限らないということです。声色や骨格などは生まれつきの部分もあり、想定されているキャラクターの声に合っていないと採用されないという部分があります。しかし、演技力や発声力などの基本的な能力が備わっていなければ生まれ持った声がキャラクターに合っていても採用されません。必要条件を満たすためのトレーニングを積めるという点で専門学校は優れているのです。

声優の専門学校とは、将来声優として職に就きたい人が、声優としてのスキルを磨くために通う専門学校です。