代表的な仮想通貨のビットコインは取引所が多くある

仮想通貨の代表ビットコインとは

世界各地で利用されている仮想通貨ですが、代表的なものといえばビットコインです。利用者の端末同士で通貨のやり取りを行い、それらはブロックチェーンと呼ばれる公開分散元帳に記載されます。通貨を管理する中央銀行が存在せず、暗号化をかけた上で取引が行われる、分散化されたデジタル通貨の一種となります。ビットコインは世界中にある取引所で購入することができ、取引時に利用者の個人情報を登録する必要性がないことが特徴となります。主に利用者同士の送金などに使われることが一般的ですが、最近では、一般的な小売店での支払手段として流通しています。

ビットコイン取引所にはどんなものがあるか

ビットコインを取り扱う取引所は、世界各地に存在し、日本国内でも多くの取引所があります。決済手段としての他、外国為替証拠金取引のような投資をすることを理由に、ビットコインを購入する人がいます。こうした利用目的に応じてそれら専用の取引所も多く用意されており、利用者が自由に選択することが可能となります。仮想通貨を購入する際の手数料の有無やセキュリティーなど、取引所によってある程度の差異があることも特徴です。

ビットコイン取引所を選ぶポイント

ビットコインを購入するための取引所を選ぶポイントの一つに、手数料の有無があります。購入時の追加費用や保管料などがありますが、基本的に手数料がかからない場所を選ぶと、余計な出費を避けることができます。仮想通貨の流出等による被害を避けるため、セキュリティーの高い場所を選ぶことも重要です。外部ネットワークから遮断されている所を選ぶと安全性が増します。

ビットコイン取引所の比較は、手数料・期間限定のキャンペーン・セキュリティ・信頼性など複数のポイントで行いましょう。郵送による本人確認があるので、2つ以上の取引所で登録をしておくと便利です。

老後に備える「個人型確定拠出年金」の概要

個人型確定拠出年金とは

個人型確定拠出年金とは、いわゆる「iDeCo」と呼ばれるものです。国が定めた制度で、投資信託や預金、保険などさまざまな種類の商品が豊富にあります。自分自身のリスク許容度に合わせて、商品を組み合わせることができるのが魅力です。また、運用益、所得税、住民税が非課税対象になります。

個人型確定拠出年金の気になる費用

どんなに良い制度でも、たくさんの資金が必要だとしたら、気軽には始められません。気になるのは、投資する金額はどれくらい必要だということではないでしょうか。個人型確定拠出年金は、5000円から始めることができます。また加入者の職業などによって拠出できる金額は変わりますが、年間14万4000円~81万6000円と、投資限度額も決まっています。ここで注意しておきたいのが、運用可能期間は60歳までで、原則60歳まで資金の引き出しが自由にできないという点です。個人型確定拠出年金を生かすのであれば、「年金」の特徴を抑え、老後の資金と割り切ることが重要です。

個人型確定拠出年金を始める前に留意しておきたい事項

個人型確定拠出年金において投資する投資信託は、主に国内外の株式や債券などを投資対象としています。投資信託の基準価格は、組み入れた株式や債券などの値動き、為替相場の変動などにより上下しますので、これにより投資元本を割り込む恐れがあります。また投資信託は、個別の投資信託ごとに負担する手数料などの費用、リスクの内容や性質が異なります。投資にあたっては、商品概要や目論見書などをよく読みましょう。他にも、個人型確定拠出年金の運営管理手数料以外に、国民年金基金連合会などへの手数料がかかります。

個人型確定拠出年金はローリスクで資産運用ができること、節税になるといったメリットから、老後の資金として選ばれることが多くなっています。

声優になりたい!専門学校に行くのが得策?

声優になるには何が必要?

声優になりたいという人にとってどのようにすれば仕事を手に入れられるのかは大きな問題です。基本的には声優はオーディションに応募して合格することで仕事を手に入れています。そして、アニメなどの声優を任され、優秀な人だという理解が業界で広まるとスカウトが来るようになります。特に自分が声優を担ったアニメがヒットすると有名声優として業界で名を知られるようになりやすく、様々な場面で仕事の依頼を受けられるようになるというのが一般的です。そのため、声優として仕事をしていけるようになるためにはオーディションに合格するための能力を身につけなければなりません。声優のオーディションでは声質や発声力、表現力やトーク力など様々な要素が見られているので総合的なトレーニングを積むことが必須です。

専門学校に通う魅力とは?

専門学校の中には声優の育成を専門としているものもあります。専門学校に通って声優を目指すメリットは基本的なトレーニングを積むことができることです。基本的とはいえ、本格的なトレーニングなので卒業する頃には一人前に働けるようにはなります。ただし、気をつけておきたいのはオーディションでは競争になるため、必ずしもすぐに仕事を手に入れられるとは限らないということです。声色や骨格などは生まれつきの部分もあり、想定されているキャラクターの声に合っていないと採用されないという部分があります。しかし、演技力や発声力などの基本的な能力が備わっていなければ生まれ持った声がキャラクターに合っていても採用されません。必要条件を満たすためのトレーニングを積めるという点で専門学校は優れているのです。

声優の専門学校とは、将来声優として職に就きたい人が、声優としてのスキルを磨くために通う専門学校です。

仮想通貨取引所の比較でセキュリティは何を見る?取引所の資金力や技術力は大丈夫?

基本的な仮想通貨のセキュリティは通貨ごとに異なる

日本円であったり米ドルなどは、それぞれ発行をしたり管理をしている国があります。ですから安全に取引ができる仕組みがあります。仮想通貨は特定の国が管理をしているわけではなく、仮想通貨を運営している個人や団体がシステムの整備などをしています。仮想通貨が異なればそれぞれ微妙に仕組みも異なるため、基本的なセキュリティは通貨ごとに異なっています。ただその違いは取引所を比較する時にはあまり関係ありません。取引所が異なるからと言って、基本的なセキュリティが弱くなるなどがないからです。仮想通貨の流出問題は仮想通貨そのもののセキュリティの問題ではなく、取引所のセキュリティに問題があるケースが多くなっています。取引所の技術力を見る必要があるでしょう。

十分な資金と技術力を持った仮想通貨の取引所を選ぶ

金融機関においては、かなり高性能なコンピュータシステムを導入して取引の管理や記録などを行っています。全国だけでなく世界において取引が行われますが、それをリアルタイムに反映させる必要があります。トラブルなく運営するには、大規模なシステムが必要になるのでしょう。仮想通貨取引所を比較するとき、できるだけ安全でセキュリティの問題にも配慮したところを選びたいでしょう。その時には十分な資金と技術力を持っている所がいいかもしれません。資金力はそれぞれの運営会社の資産を見ればわかります。技術力は出資会社などを見ればいいでしょう。金融機関やIT関連の会社などが出資をしているなら、それらの会社が技術的な支援をしている可能性があります。

仮想通貨取引所の比較をしたサイトでは初心者も最良の取引所を選びやすいです。専門家が厳選しておすすめするので参考になります。

賢く活用!確定拠出年金(イデコ)徹底解説!

確定拠出年金(イデコ)って何?

確定拠出年金(以下、イデコ)とは、個々人が運用指図を行う年金制度のことです。一般的には、毎月一定の掛け金を拠出して(一括で掛け金を拠出する方法もありますが)、自身で運用し運用実績によって将来、受け取ることのできる金額が変動します。企業型と個人型の2種類で、加入できる年齢は60歳未満まで(企業型は、条件を満たせば、最高65歳未満まで)拠出することが可能です。また、年間の拠出限度額は、自身の勤務先の年金状況によって変わります。そのため、まず勤務先の年金状況(イデコの有無・その他の企業年金の有無)を確認しましょう。ただ、年金という性質上、原則、60歳になるまで、自身の年金は受け取ることができないという点には注意が必要です。

イデコの賢い税金対策!

イデコを活用することで得られる最も大きなメリットは、3種類の税金対策です。1つ目は、運用中の運用益が全額非課税となることです。利益が出ても、非課税になるというのは嬉しいですよね。2つ目は拠出した掛け金が、全額所得控除の対象となることです。そのため、所得の多い方ほどメリットが大きいと言えます。3つ目は、年金を受け取る際、税制優遇があることです。一般的な受け取り方は、年金として受け取る場合と一時金として受け取る場合の2種類。年金として受け取る場合は、雑所得として扱われ公的年金等控除が適用されます。また、一時金として受け取る場合は、退職所得として扱われ退職所得控除が適用されます。このように、運用中・受け取り時を合わせて3種類もの税金対策が行える資産運用方法は、イデコだけです。お得なイデコを賢く活用して、資産運用を行っていきたいですね。

イデコは自分で毎月一定額の掛け金を用いて、定期預金や保険などを指定して運用するシステムです。その運用で得たお金を60才以降に受け取ります。

書きたいと思う時がきっかけになる…イラストのコツを伝授!

イラストを描くきっかけは…

絵は難しい、絵は才能がなければ描けない…そう思っている人でもイラストなら簡単に覚えることができます。誰でも絵描き歌で絵を描いた経験はあるはずです。「まるかいてちょん」というような歌に乗せて描かれる絵は正しいイラストです。絵は楽しく描くもので嫌々描くものではありません。ですから楽しく可愛いイラストを見た時、こんな絵が描けたらいいなと感じた時ほど自分でイラストを描いてみるべきです。イラストを描く時は自発的な気持ちが必要ですから、お気に入りのイラストに出会うことがイラストを書くきっかけになると思います。

自分の好きなイラストを見つける

イラストは有名な画家が描いたような風景画とは違いどちらかと言うと、漫画チックな親しみやすいタッチの絵だと言えます。四コマ漫画に書かれているような絵はまさにイラストそのもので、漫画からイラストを効果的に学ぶこともできます。イラストを描く上では、まず自分の好きなイラストを見つけること…これが非常に大事です。「素敵だなあ…」と思うイラストを見つけた時、自分もこんなイラストが描いてみたいと思うからです。

複雑な線などいらない

丸を三つ四つ繋げて描けばイモムシに見えるし、四角い線だけを使ってテーブルや椅子を描くことだってできます。複雑にできているものでも単純な線で描き表すことができるのがイラストです。実写のように繊細に絵を描くことは相当な技術が必要になりますが、イラストにすれば誰でも簡単に描くことができるということなのです。イラストは、丸、三角、四角、太い線、細い線などを使って表現できるので、複雑な線を描かずに済みます。イラストを描くコツは、記号や線の太さを上手に組み合わせるところにあります。

イラストの講座とは、イラストレーションを学べる授業のことです。主にプロのイラストレーターが指導します。

突然のリスクにも安心!自動車保険で経済的なカバーをしっかりと!

通販型の自動車保険のメリットとデメリットをチェック

ネットで加入手続きを行える通販型の自動車保険は、従来の商品と比べて一割から二割ほどリーズナブルな料金が設定されており、若年層のドライバーを中心に人気が集まっています。通販型の自動車保険を扱っている損保会社の多くは、補償内容を手厚くしたり、メールや電話でのサポートを強化したりする動きが見られており、突然の交通事故の際にも冷静に対応を取ることが可能です。一方、通販型の商品を選択する場合には、特約を付けることが出来なかったり、ロードサービスが手薄だったりするデメリットもあるため、時間を掛けて複数の会社の人気商品の比較をすることが大事です。なお、損保会社によって、加入手続きに掛かる時間や顧客サポートの内容などが異なるため、加入先の選び方に迷っているときには、いち早く資料請求をすることがおすすめです。

生活スタイルに合った自動車保険を選ぼう

自動車保険を選ぶにあたり、人身事故や物損事故、自損事故など、様々な事故の際に経済的なカバーをしっかりと行えるものを見極めることが重要です。また、保険料の負担を最小限に抑えたい場合には、自動車の費用頻度や走行距離などに応じてプランを選択をすることがおすすめです。最近では、自動車の運転中だけでなく、日常生活における些細なトラブルにも対応可能な特約を用意している損保会社も増えており、早いうちから色々なプランの特徴を把握してみましょう。その他、将来的に掛かる費用について詳しく知りたい場合には、各社のウェブサイト上で保険料のシミュレーションを行うと良いでしょう。

自動車保険の補償内容は会社ごとに異なる他、付随しているサービスも契約プラン別に違いがあります。運転スタイルに合う補償内容の保険を選ぶのが安心してドライブを楽しむ秘訣です。